完璧主義の特徴は?完璧主義の3つのタイプについて調べてみた。

lifestyle

どーも。mitamaです。

むかし、親に「私は完璧主義らしい」と宣言したら、「どこがやねん」と頭をどつかれたことを、いまだに根に持っているmitamaです。

実は私は完璧主義で、新しいことを始めた時に1箇所でも気に入らないことができると全部リセットしてしまいたくなるんです。
Blogもそれが原因で更新しなくなってしまったり…。

ゲームやり過ぎのリセット脳ですね。
RPGとかは簡単にやり直しができますけど、人生そうは行かないので失敗も楽しんで行きたいものです。

そこで改善していくために、完璧主義について調べていたら3つのタイプが存在することを知ったので、ご紹介していきます。

もし、完璧主義で悩んでいる方がいたら一緒に克服しましょう!

完璧主義の3つのタイプ

「完璧主義」とは、高い目標、完璧さを過度に求めること

完璧主義には大きく3つのタイプがある。

  • 自己志向型完璧主義・・・自分自身に向けられる完璧主義
  • 社会規定型完璧主義・・・他人や世間の期待に応えようとする完璧主義
  • 他者志向型完璧主義・・・他人に向けられる完璧主義

完璧主義を直したいと思っても、自分がどのタイプかによって考え方や対処法が変わってきますので、まずは自分のタイプを知りましょう。

自己志向型完璧主義の特徴

自らの理想に、高い目標と完璧さを求めます。

さらに、自己志向型完璧主義は2つのタイプに分けることができます。

いい完璧主義と悪い完璧主義があるので、それぞれの特徴を見てみましょう。

適応的完璧主義(いい完璧主義)の特徴

  1. 自分の理想となる高い目標を設定している
  2. その目標を実現できる自信がある
  3. その為に計画的に行動できる
  4. 失敗や間違いをしても、自分を許すことができる

上記の理由により、完璧になるまで何度も挑戦することができます。

不適応的完璧主義(悪い完璧主義)の特徴

  1. 自分の理想となる高い、もしくは高すぎる目標を設定している
  2. その目標を実現する自信が持てない
  3. 失敗やミスに敏感で行動できない
  4. 不完全な、もしくは完璧ではない自分を認めることができない

上記の理由により、自己批判で精神を病んだり、自分を守るために先延ばしにしたり、面倒くさいという感情に逃げてしまいます。

自己志向型完璧主義の違い

この2タイプはどちらも自分の理想や目標に対して、高い目標を設定し、完璧さを求めています。

大きく違うのは、失敗やミスに過敏か、自分が不完全であることを認められるか、ということです。

自己志向型完璧主義の場合は、高い目標を持ち、完璧さを求めることは精神的に悪影響はありません。

問題なのは、失敗を過度に恐れること、不完全であることを認められないことです。

自分が不適合的なタイプだと思った方は、完璧主義をやめるのではく、適応的完璧主義に変えてみましょう。

CHECK
  • 失敗することを過度に恐れない
  • 自分は完璧な人間ではないことを許してあげる

社会規定型完璧主義の特徴

他人や世間の理想や期待に、完璧に応えようとします。

完璧主義と言えば、自己志向型をイメージする方が多いと思いますが、割合が多いのはこの社会規定型です。

特徴を見ていきましょう。

  1. 他人や世間の理想に対してできて当たり前、もしくはできなくてはならないという強い使命感を持っている
  2. 完璧にできれば、認められると感じる
  3. 失敗すれば、失望されると感じる
  4. 怒られること呆れられることが異常に怖い
  5. 世間的に自分の行動は常に正しいかどうかを気にする
  6. 依頼や頼みを断ることができない

自己志向型は自分の理想が基準ですが、社会規定型の大きな特徴は「他人や世間」が基準です。

幼少期から、親や先生に「こうでなければいけない」「こうあるべきだ」と設定されていると、他人に認められることが正解で、他人に怒られることや失望されることが間違いだと覚えます。

そのため、他人が望んでいることを「当たり前にこなす」ことに完璧さを求めるようになります。

自らの目標ではないため永遠に満たされることなく、疲れて精神的に病んでいく方が多いのもこのタイプの特徴です。

特に、最近はSNSの普及により、「良いところしか見せない」人が多いため、世間の当たり前レベルが上がっています。

自分が他人に認められるレベルも必然的に上がってしまい、自分が世間から求められなくなってしまうことに恐怖心を感じている方も少なくないはず・・・。

CHECK
  • 今望んでいることや目標が、本当に自分自身が望んでいることなのかを考えてみる
  • 他人に評価を委ねるのではく、自分で「今日はこれができた」というように加点で認めてあげる

他者志向型完璧主義の特徴

他人に対して自らの理想である、高い目標と完璧さを求めます。

  1. 他人に対して、高い水準の完璧さを求める
  2. できない人は見下す
  3. 他人が自分の思い通りにならないと怒ったり、責めたりする

一般的には人格障害とも言われていますが、ダークトライアド、ダークテトラッドといわれるタイプが多いです。

ダークトライアド・・・サイコパス*1+ナルシシズム*2+マキャベリズム*3
ダークテトラッド・・・上記+サディズム*4

実はこの他者志向型が社会規定型を生むのではないかとも・・・。

*1 サイコパス・・・衝動性が高く、共感能力が低い
*2 ナルシシズム・・・自己愛が異常
*3 マキャベリズム・・・目的のためなら手段を選ばない
*4 サディズム・・・精神的苦痛を与えることが楽しい

CHECK
  • 近くにいたら、逃げましょう!
  • 全力で離れましょう!

自分で自分を褒めてあげましょう

私は不適応的完璧主義+社会規定型完璧主義ですね。

自分自身の目標は疎かなのに会社とかではバリバリやっちゃうタイプ。

高い目標をもって、自分で完璧を目指すということは悪くありません。

問題は、他人の理想にあわせること、失敗を恐れ逃げてしまうことです。

そしてそんな自分に劣等感を感じてしまい、自信がもてなくなっていました。

  • 自分自身が望む目標を立て、それに向かって進む。
  • できないことを認めて、できるように努力する。
  • できた自分を褒めてあげる。

失敗はめちゃくちゃ怖いですが、少しずつ上記の考え方にシフトしていけるようになれればいいなと思っています。

自分で自分を追い込むのではなく、自分で自分を褒めてあげれるようになりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました