メイクをしたまま寝るとおこる怖いこと

lifestyle

こんにちは!

おにぎりを食べながらパソコンをいじっていたら、マウスと間違えておにぎりを握ったみたまです。おにぎりだけにね( ゚Д゚)‼︎

はい!
ということで、今回は誰もが1度は経験してるであろう、メイクしたまま寝ることでおこる少し怖ーいお話をしていきます。


メイクしたまま寝ること=顔に雑巾をかけて寝ること

「メイクしたまま寝ることが、お肌にとって良くないだろう」

それは想像できるけど、実際どうなの?と思いますよね。

実は、

メイクしたまま寝ることは、
雑巾をかけて寝ることと、同じぐらい不衛生

なのです。

メイクは、日中は綺麗に見せてくれたり、外的な刺激から守ってくれたりします。

ところが、夜になって落とさずに寝てしまうと、毛穴が詰まり、ばい菌が繁殖、乾燥、肌の再生を妨げるなどなど、肌にとっても負担ををかけてしまいます。

もちろんお肌だけでなく、ポイントメイクのアイシャドウやリップも要注意です。

アイシャドウやマスカラは、目の中に入る可能性もあります。

寝ている間に目をこすってしまって、まつげが抜けたり、目の病気を引き起こす原因にもなります。

リップも唇が乾燥してしまい、皮むけやヒビ割れに繋がります。

普段からスキンケアを丁寧していも、お金をかけていても、たった1日で無駄にしてしまう破壊力があるということです!


メイクしたまま寝てしまったら、どうすればいいの?

メイクしたまま寝てしまうことが、どれほど肌にとって悪影響か分かってはいても、それでもたまーにやってしまうんですよね。

いつもは帰宅したら、すぐにメイクを落とすようにしていますが、帰宅が遅い日はなぜかダラダラしてしまい、そのうちに寝落ち。

メイクだけは!メイクだけは!と思いながら、気がつけば朝。

そして、湧き上がる後悔と自分への怒り(笑)


寝てしまったら仕方がない!そんな時もある!!後悔してももう遅い!!!

そんな時にはしっかり落として、しっかり保湿です。

起きたらしっかりとクレンジング&洗顔をして、いつもより丁寧に保湿をしましょう。

落したい一心でゴシゴシしてはいけませんよ!


表面は皮脂などが出ていますが、肌内部はとてもとても乾燥しています。

刺激がつよい洗顔料(酵素やピーリングなど)も避けてくださいね。

何度も言いますが、しっかり落としたら、しっかり保湿!!

寝る前には必ずメイクを落とす

そんなことにならないように、きちんとメイクを落とすことを目指しましょう!

どれだけ疲れていても、どれだけ眠たくても頑張りましょう!

たった1日油断しただけで、その後の肌荒れに悩まされてしまいます




それでも、洗面所に進む気力すらない日もあります(笑)

そんな時のために、ベッドサイドの引き出しにはふき取りタイプのクレンジングとオールインワンのジェルを常備しています。

ふき取りタイプのクレンジング

オールインワンジェル

できれば使いたくはありませんが、落とさないよりは数倍マシです。

肌をはがして交換なんてことはできないので、1日1日大切にしてあげてください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました